運勢占いをもっと楽しみませんか?


鑑定の善し悪し

鑑定をお願いするときに、占い師の人に基本的な質問、例えば生年月日とか、またはいまの状況や質問したいことなどを聞かれると思います。
占い師の人もその答えを見つけて、適切なアドバイスをしてあげられるように、様々な質問を繰り返すかもしれません。
そして占い結果が常識的なところに落ち着いた場合、質問などから適切な結果を導き出したのではないか、とうがった見方をしてしまうこともあります。
対面占いなどにいって占い師の人に相談していても、実際に色々なことを聞かれ、占いというよりは人生相談になってしまう場合があります。
私の経験上、昔受けた占い鑑定で当たっていたのはほぼ一つもないのですが、むしろ悪い鑑定結果だとそうならないように奮起して頑張った成果かもしれません。
悪い運命数だから、あまり良く無い名前だから変えなさい、と言われたこともあるし、アドバイスを聞かないと大変なことになると言われたこともありますが、実際大変なこともありますが、とりあえず今も生きていますから最悪なことは起こりませんでした。

ただし、身を引き締めて頑張ったり、より気をつけることはあったかもしれませんが。
ただ、占いの鑑定結果をある程度聞き流すことが出来ない人というのが存在し、その占い結果がすべてになってしまうと、私のように暢気に構えて生きながらえることはできないのかも、と思ったりします。
占いの結果が悪ければそれなりに気をつけるから、むしろ私の場合は、いい事は聞き流し、悪いことには気を配りました。

その結果、それなりに成果を出すことができましたので、良かったです。

人生はさまざまな局面があり、自分では解決できない難題がおそいかかることもあるでしょう。
ただ、そんな時でも占いに励まされたり、また当たらないまでも相談して気持ちがすっきりすることもあります。
いつも思い通りにはいかない人生ではありますが、そんな思う様にいかないこともまるごと人生の醍醐味として気楽に構えましょう。
鑑定が良くても悪くてもそれはあなたの気の持ちようで、良くも悪くもなります。
占い師の人は自分によいインスピレーションを与えてくれる人、相談相手、カウンセラーという風に構えていれば、それなりに深入りすることもなく、占いとよい距離感を持ちながらつき合っていけるものでしょう。
まずは自分というものをしっかり持って、占いにすべてを委ねすぎないようにしたいものですね。
占い依存に陥ることがないように十分気を付けてください。
  • 運勢占いをもっと楽しみませんか?
  • 鑑定の善し悪しと言うのは、その人の受け止め方次第なのかもしれませんね。
Copyright (C)2017運勢占いをもっと楽しみませんか?.All rights reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加