運勢占いをもっと楽しみませんか?


恋愛のゆくえが知りたい

片思いのときは、相手が自分のことをどう思っているか気になるし、実際のその人がよくわからないまま、ただこちらの思い込みで相手を判断しているところがあります。
そして実際におつきあいを申し込んでつきあい始めたとして、この人こんな人だったんだ、と惚れ直すところもあるし、幻滅してしまうこともあります。
恋が叶う前はただ相手のことを考えているだけで良かったのに、つきあい始めると、いろいろ想定外のことが起こってきます。
そして極端な話、恋愛だったらつきあうこともあれば、別れるという選択肢もあります。
結婚するとなかなか離婚するのは難しいですが、恋人なら別れるのは簡単です。

おつきあいが長くなってくるとどうしても次の段階として結婚がでてきますが、それでも恋人としては理想的でも、結婚相手としてはどうかな、というような相手の場合、結婚しても大丈夫か、それとも止めたほうがいいのか悩みますよね。
自分が悩んでいるようだったら、親や友人の意見を聞いてみます。
でも最終的には周囲が賛成しようとも反対しようとも自分の人生ですから自分で判断することになります。
昔は結婚は周囲がかってに決めるもので、自分には選択肢がなかったケースが大半でしたが、いまのように自由に配偶者が選べるようになった時代にはまた別の悩みが生じます。
自己責任で自分の人生を切り開いたり、配偶者を決めないといけないのは、優柔不断な人にとっては難しいことです。

当然、結婚には相性というのがあり、それ以上にタイミングというのがあります。
縁がある、縁がないといういい方もしますが、ときにタイミングがあわないと恋人とも結婚まで漕ぎ着けられない、上手くいかないというのはあるのです。

恋愛と結婚のことで悩んで、何度も占い師に鑑定を頼む人もいますが、占いのほとんどは依頼者の方の話を聞いてあげて、その人の真意を探るものです。

迷っているとはいっても、ほとんどの答えは本人が持っているのです。

ただ、自分のことはだれも客観的に見ることができないため、悩めば悩むほど悩みの解決法が出なくなってきます。
最終的には自分が決めることなので、自分の決断に確信がなかったり、または人に自分の決断を反対されたりして悩んでいて、最終的に占いをしてみようと思うのも無理はないことです。

ちょっとした思いつきで占いをしても、もし肯定的な結果だったらその縁にかけてみようと思いますし、もし否定的なら、止めることにするか、もし押し進めるにしても覚悟がいります。
占いをすることで、自分の心に問いかけ、潜在意識の答えを知ることができるのです。

  • 運勢占いをもっと楽しみませんか?
  • 片思いのドキドキもいいけれど、本当に大変なのはつき合ってからです。
Copyright (C)2017運勢占いをもっと楽しみませんか?.All rights reserved.
このエントリーをはてなブックマークに追加